長瀬産業健康保険組合

もどるリンク個人情報保護サイトマップ
長瀬健保の保健事業健康保険をつかうとき健康保険ガイドこんなとき届け出申請書一覧けんぽQ & A介護保険

トップページ > お知らせ一覧 > お知らせ

2020.03.27


喫煙者、COVID-19重症化リスク報道


現在、タバコ、電子タバコの喫煙者は、COVID-19にり患した場合は、重症化し易いとの見解が、論文や世界中の専門機関から発出されています。 
 
喫煙は、肺やウィルスが付着する粘膜の機能を低下させます。 
 
COVID-19をはじめとするウィルスにも感染し易くなります。 
 
今後、COVID-19のみならず、変異するであろうウィルス、COVID-19よりも危険なウィルスは、新たに蔓延する可能性があります。 
 
ストレスの解消や気分転換は、喫煙だけでしか得られないものではありません。 
 
(3月22日禁煙学会のHPより) 
 
http://www.jstc.or.jp/uploads/uploads/files/information/Tobacco%20is%20the%20biggest%20aggravating%20factor.pdf 
 
 
 
肺の機能が日々低下していく前に、健康保険組合の「禁煙外来補助制度」を利用して、禁煙に是非ともチャレンジしてください。 
 

 
長瀬産業健康保険組合